Desireの日本語フォント設定方法

まぁ、こんな記事を読むのはSIMフリー版の人がメインでしょう。

って事で、まずは前提条件として、メニューを日本語化したいって人はAndroid Marketでmorelocale2をインストールしてください。んで、アプリから日本語ロケールを有効化すれば日本語メニューになります。ちなみに、これ自体はandroidの国際化機能を使ってるのでどの機種でも一緒です。

で、本題のdesireへの日本語フォントインストール方法ですが、近頃は2種類あるようです。私自身は片方しか使っていませんが。まず、なんで他の機種と同じように/system/font/へのadb経由でのインストールが出来ないかというと、desireでは通常カーネルで起動した場合に/system/fontが含まれる内部ストレージメモリに書き込み制限がかけられているからなんですね。他の機種のように/systemディレクトリのマウント時に書き込み権限が無いんではなくて、パーティション自体にロックがかかってるので読み書き可能でマウントしたとしても弾かれます。

回避方法としてrecovery modelで操作することになります。ここで、選択肢は2つ。update.zip経由でのインストール。これは「日本語 フォント追加用のupdate.zipを作ってみた」に詳しく手順が乗っています。面倒くさそうに見えるけど、実は最後の段階までセットすると、後はフォント毎にDroidSanJapanese.ttfにコピーしてzipしてautosignするだけです。手でやっても、Linuxの人ならshellの履歴で繰り返すだけ。shell script化して全自動で作るのも簡単ですが、そこまでフォントパッケージを作らないのでやってませんw

もう一つの方法は、実際には試していませんが、理論的には可能って方法です。一からやるなら、こっちの方が簡単かもしれません。recovery modeで起動して、(この時、Paulのrooted ROM付属のrecovery-linux.shなんかでも良いんですが、XDAで公開されている「 [Recovery] AM Desire Recovery v1.1 [29th May] via PC (can be removed later)」がオススメです。)/systemディレクトリをmountして普通にadb経由でのファイルコピーする。

幾つかフォント考察したので、追記

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする