toolboxとbusybox

組み込みLinux系はコマンド類の保存に困るので、busyboxと言うコマンドを一個だけいれてる。呼び出し方によって、あらゆるコマンドになりすますことが出来るので便利。Androidにはtoolboxと言う同じようなコマンドが入っているが、微妙に独自拡張が有るので入れ替えには注意。

続きを読む →

借りてみた

ちょっと、最近使っている端末のネットワークポリシーがほぼ自由なんだけど、ルーターの設定の影響でWindows Live Messengerが使えない、と言う事態が発生しているためにVPNで出先からの窓口が欲しいと思って、ちょいと借りてみた。 続きを読む →

駐車場洗車

久しぶりの野ざらし駐輪なので、洗車をしてみた。と言うか、アスファルトにサイドスタンドが埋没しているんですが…。暑いからかな。

で、洗車用小道具として農薬散布機を使ってみた。HS-401Eと言う手動式の蓄圧噴霧器を購入してみた。こいつのメリットは「安い」につきる。大抵、この手の家庭用噴霧器は2000円?12000円と言った感じ。そんな中、近所のホームセンターに980円で山積みにされていた。インプレなどもなく、商品自体もネットでゴロゴロ売ってるわけでもなさそうだ。もしかしたら、量販店専用モデルなのかもしれない。

たぶん、このインプレはこの商品特有のというよりは散布機・噴霧器での駐車場でのバイク洗車のインプレになると思うので、同じようなことを考えている人は参考までに… 続きを読む →

Custom MTD partitions(Desire)

S-OFFしたら誰もが通る道というか、やると便利なパーティションサイズの再調整です。
一番簡単なのは、S-OFFを出してるAlphaRevが提供しているイメージを利用した変更ですね。ただ、AplhaRevが提供しているサイズにしか変更できないデメリットはあります。要望として多いのが、「アプリ容量を大きく!」と言うためなのか、基本的には/systemか/cacheを削って/dataを拡張させています。/systemはCyanogen系統のROMだと小さく出来るので構わないのですが、/cacheを削ることで結構なデメリットもあったりするので、一長一短ですね。デフォルトで/cacheは40MB(兄弟機のN1だと95MB)を振り当てられていて、確かにユーザーからすると無駄なんですが、割り当てられているにはそれなりの理由もあって、あまりに小さくするとでかいアプリのインストールやradioファイルの更新にこけるようです。
続きを読む →

万年筆

ちょいと、筆記具に拘って万年筆を使い始めてみた。初めてでは無いんだけど、ちゃんと使ってみるのは始めてかも知れない…。昔は、合格祝いで貰ったパーカーの万年筆を使ってたこともあったけど、学生だと使いどころが無いんだよね。ノートをカリカリとる人でも無かったし、とるときにはカラフルにとってたから。

続きを読む →

GDMのサーバー側ディスプレイ無しでのXDMCP

 なんで、家庭内鯖のXDMCPがログインできないのかなぁと思ってたら、gdmがXserverを立ち上げようとしてもディスプレイが無いからエラー出してお亡くなりしてたからみたいだ。

 

 と言う事で、/usr/share/gdm/defaults.confの中の[servers]セクションないの”0=Standard”の一行をコメントアウトして、gdmをリスタート。

 

 無事、XDMCPが使えました。本当は、/etc/gdm/gdm.confで設定した方がいい気がするけどね。