Desireの初期化

所謂、「工場出荷状態に戻す」とか”full wipe”とは違って正規版のROMに書き換えてDesireを純正状態に戻します。

まずは、RUU(Recovery Update Utilityの略)を入手します。おなじみのXDAに公式ROM一覧スレッドがあるので、そこから手に入れましょう。私が確認した時点では”[ROM] Official HTC Desire RUU ROMS and OTA Update URLs“が該当スレッドです。SIMフリー版の人はWWEと成ってるものが必要です。まぁ、Softbankの奴でSBMのDesireに成れないわけでも無いですが、メンドクサイので…。何か旨味があるわけでも無し。

それでは、いざupdateですが、Windows7 64bit環境では駄目でした。アプリが途中で落ちます。しょうが無いので、VirtualBox上のXP modeから実行します。VirtualBoxでのUSB仮想化については別の機会に…

で、肝心のドライバ無いと怒られ続けますが、HTCから”HTC Sync”をダウンロードしてインストールして下さい。最初から付属のSDカードを丁寧に使ってる方は、その中に入ってるかも知れません。

RUUからは「Android電話の電源を入れて…」と指示されますが、普通に起動してるとエラーコード170で弾かれます。bootloaderモードで立ち上げましょう。カスタムROMの人は電源を切るときに再起動先を聞かれるので「ブートローダ」を、そうじゃない人はVOL Down + Powerボタンで、bootloaderモードで立ち上げます。その後、指示通りにRUUを実行するとupdateしてくれます。

また、場合によっては「アップデート失敗」となることがありますが、復旧手順が指示されるのでそれに従って復旧して下さい。そんなに心配せずに、復旧作業しながら繰り返しましょう。勝手に治ります。

あと、「Android 電話」とか「ROM 画像」って言う意味不明な単語が頻発してきますが、それぞれ”Android phone”と”ROM image”の機械訳とおもわれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] root化したx06htをunrootしてみた。 RUU_Bravo_SoftBank_JP(X06HT Rooted to Unroot) Desireの初期化 [ROM] Official HTC Desire RUU ROMS and OTA Update […]