Debian (squeeze)でgdm

新環境をと言うことで、仮想マシン上にsqueezeをインストール。
へぇ、変わったのかとgdmを利用してログイン…。この変わったgdmが曲者だった。

gdm3と言うパッケージ名だけど、実際は2.30.x位のバージョン。実はgdmは2.22を境にガラッと書き換えているらしく、gdm3パッケージではXDMCPのhost chooserを選ぶことは出来ないみたいだ。(/usr/lib/gdm/以下にはそれっぽいファイルがあるんだけどね…)

なので、下手にgdm3で何とかしようと試みるより、gdmパッケージに入れ替えたほうがラクです。

ちなみに、gdm3でログインしてると、gdm3パッケージ削除でエラーが出ます…。更に、競合しているgdm3が消えないのでgdmもインストールできない。まぁ、普通にコンソールに降りてから再度インストールすればOK。

とりあえず、今現在はgdm3パッケージでxdmcp chooserをやろうとしても無駄です。公式MLでも「変わってからねーよw」みたいな感じだったし、おそらくは、現状の流れとしてはXDMCPはセキュリティ上問題あるので積極的な対応しません。xdmcp host chooserなんて情報ダダ漏れリスクをあげるからなおさら、って事かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください