Custom MTD partitions(Desire)

S-OFFしたら誰もが通る道というか、やると便利なパーティションサイズの再調整です。
一番簡単なのは、S-OFFを出してるAlphaRevが提供しているイメージを利用した変更ですね。ただ、AplhaRevが提供しているサイズにしか変更できないデメリットはあります。要望として多いのが、「アプリ容量を大きく!」と言うためなのか、基本的には/systemか/cacheを削って/dataを拡張させています。/systemはCyanogen系統のROMだと小さく出来るので構わないのですが、/cacheを削ることで結構なデメリットもあったりするので、一長一短ですね。デフォルトで/cacheは40MB(兄弟機のN1だと95MB)を振り当てられていて、確かにユーザーからすると無駄なんですが、割り当てられているにはそれなりの理由もあって、あまりに小さくするとでかいアプリのインストールやradioファイルの更新にこけるようです。
続きを読む →

AndroidでWindows Messenger

結構、Windows Live Messegerで連絡(?)する人が多いので、互換ソフトが重要なんですが…。なにげに、プロトコルが非公開で特に複数チャットの機能が無いのが多くて…。そんな中、重宝していたのがMSN Talkなんですけれども、Streakにしたら見つからない。

なんでかなぁ、と思っていたら、ゴタゴタが起きたみたいで、アプリ名が変わってました。新アプリ名は”Epinephrine Messenger“となってました。必要な人はどうぞー

Desireの初期化

所謂、「工場出荷状態に戻す」とか”full wipe”とは違って正規版のROMに書き換えてDesireを純正状態に戻します。

まずは、RUU(Recovery Update Utilityの略)を入手します。おなじみのXDAに公式ROM一覧スレッドがあるので、そこから手に入れましょう。私が確認した時点では”[ROM] Official HTC Desire RUU ROMS and OTA Update URLs“が該当スレッドです。SIMフリー版の人はWWEと成ってるものが必要です。まぁ、Softbankの奴でSBMのDesireに成れないわけでも無いですが、メンドクサイので…。何か旨味があるわけでも無し。 続きを読む →

Titanium Backup: wipe後のインストール

ずーっと、ROMの入れ替えなどでwipeした後のTitanium Backupのインストールが面倒(APNを設定して、google アカウントを設定して、マーケット経由でインストール)だったのだけど、TBのメニューボタンからの項目の[その他]の中にあるupdate.zipが気になっていて試してみたら、recoveryからインストールできるオレ.zipの作成メニューでした。

同様のことで、めんどくさいと思ってる人は試してみてね。

WordPress android アプリ

日本語がどうしても化けるので、なんでかなと思ってたが…
なんてことはなく、鯖側の設定が問題でした。そりゃ、wordpress.comとかで問題にならんわけだ。

検索するといっぱい出てくるMySQLとPHPの相互運用での文字化け問題。これが、原因。んで、修正方法として幾つか方法があったが、つい先日、ウチのレンタル鯖も設定が変更になったので、php.iniでゴソゴソと書き換えてOKになりました。

php.iniでmbstring周りのエンコード設定をUTF-8にしておけばOK。

DesireのPC lessリカバリーモード

Froyo系カスタムROMをインストールするにあたって、今まで使っていたAM Desire Recovery modeがfake-flashに変わってたので、備忘録。

fake-flash自体は、AM Desire Recoveryと同じところで配布しており、XDAの該当スレッドからリンクが張ってあります。今まで使ってたadb使用タイプは既に開発者が「個人的には使ってないよ」と言ってるので、fake-flashへ移行。

fake-flashを落とそうとすると、”update.zip”のファイルネームで落ちてきますが、これをリネームしてはいけません。このupdate.zipをSDカードに保存して、“Vol down + 電源ボタン”でHBOOTを起動して、”RECOVERY”を選択し通常のリカバリー待機モードで起動します。見慣れた”!”マークが出てきて、この時点で“Vol up + 電源ボタン”を押すと青い画面のリカバリーモードに突入します。

で、このリカバリーメニューに”Apply sdcard:update.zip”と言うメニューがあるので、それを選択すると、見慣れた緑画面のリカバリーモードに突入します。後は、普通にzipの適応なり、wipeなりをして下さい。